コーディネート

トレンドコートコーディネートとコートの種類を全てご紹介♪

キュート溢れる「ピンクコート」を使ったコーディネート♡

キュートな印象溢れる「ピンクコート」は、コーデに取り入れるだけで女の子の乙女心をくすぐるコーデに早変わり♡

コーディネートを左右するコートだからこそ、ガーリーな雰囲気を叶えてくれるピンクコートを着こなしたいですよね!

今回はそんなキュートさ溢れる、ピンクコートを使ったコーディネートをご紹介します!

ベーシックなデザインのものから、今年らしさのあるトレンドコートまでご紹介するので、自分らしく着こなそうなアイテムを参考にしてみてくださいね♪

ベーシックなチェスターコートからトライしてみる♪

コーディネート:titivate(ティティベイト)

可愛らしさのあるピンクも、ベーシックなシルエットのチェスターコートならコーデがしやすいんです♡

足元に少しゴツめなブーツを合わせてあげることで、甘さを抑えた印象に仕上げてくれます◎

ベーシックなコーディネートのアクセントとしてピンクのコートを取り入れてあげると、スタイリングがしやすいですよ!

あえて同系色でコーデをしてまとめてみて!

コーディネート:titivate(ティティベイト)

ボトムスもピンクのような暖色系のアイテムをチョイスしてあげることで、統一感のあるコーディネートに仕上がります◎

このコートはノーカラーコートなので、胸元がスッキリとしていてピンクでもさらりと着こなすことができるんです♪

同系色でまとめることでよりピンクのコートがコーデに馴染んでくれるので、以外とオススメの着こなし方です♡

ふわふわのファーコートはノーカラーですっきりと♪

コーディネート:titivate(ティティベイト)

ふわふわとしたファーのコートは、ピンクなのでスッキリとした印象のノーカラーコートがGOOD!

デニムを合わせたカジュアルなコーディネートに映えてくれるので、いつものコーディネートがぐっとレベルアップしてくれますよ◎

優しいふんわりとした印象を叶えてくれるので、ファーコートを選ぶならピンク色がオススメですよ♪

袖のファーが今年らしく仕上がる♡

今年らしく仕上がってくれる袖がファーになっているコートなら、ピンクコートもぐっと旬顔コーデに早変わり♪

デニムを合わせたカジュアルなコーデに取り入れることで、甘さを少し抑えたコーディネートになります◎

ポケットのリボンや一番上のボタンのキラキラとした細かなディテールのものなら、より可愛らしさを引き立てながら着こなせますよ!

可愛く着こなせるダッフルコートもピンクに夢中♪

可愛く着こなせるダッフルコートも、ピンク色をチョイスしてあげることでより可愛らしさの引き立つコーデに♡

ポケットや襟周りがファーになっているアイテムなので、可愛いだけでなくトレンドも取り入れることができます◎

チェック柄のスカートに合わせてあげることで、ガーリーに仕上がってデートコーデにもぴったりですよ!

ガウンコートならゆるっと着こなせる◎

コーディネート:by drawer(バイドロワー)

ピンクのコートも、ガウンならゆるっと着こなせることができるのでカジュアル派の人にもオススメ◎

甘さのあるピンクでも少しくすんだ色味のピンクなので、デイリーコーデにも取り入れやすそうですよね!

ゆるっとウエストマークをしてあげることで、程よく引き締め効果が生まれて野暮ったくなるのを防いでくれます♡

ボアコートでほっこり着こなす♪

コーディネート:by drawer(バイドロワー)

モコモコとしたボアのコートも、ちょっぴりくすんだ色味のピンクならよりほっこりとしたコーディネートに◎

ラフなデニムとニットを合わせたシンプルコーディネートを格上げしてくれるので、デイリー使いに取り入れたいですよね♡

意外と甘くなりすぎないので、ピンクが少し苦手な人でも着こなしやすいのではないでしょうか♪

ムートンライダースでカジュアルコーデに取り入れて!

コーディネート:by drawer(バイドロワー)

とことんカジュアル派の人にオススメなのが、ライダース型のムートンコートで取り入れてあげるコーディネート♡

ピンクのコートでもシルエットからカジュアルなアイテムなら、デニムとも合わせやすくラフに着こなせますよ!

ゆったりとしたデニムと合わせてあげたり、ブラックのワンピースなどに合わせてアクセントとしてあげるのもオススメの着こなし方です♪

シンプルなワンピースをコートが格上げしてくれる♡

コーディネート:NOSTALGIA(ノスタルジア)

シンプルにリブの効いたニットワンピースに、ピンクのコートをさっと羽織っただけのこのコーディネート。

一見シンプルなコーディネートではありますが、コートがベーシックなアイテムをぐっと格上げしてくれているんです◎

たださっと羽織っただけなのに、コーデがおしゃれにレベルアップしてくれるので一着は持っておきたいですよね!

もこもこプードルファーコートでキュートさ溢れる◎

コーディネート:NOSTALGIA(ノスタルジア)

ピンクの可愛らしさを前面に引き出せる、もこもこプードルファーはキュートさ溢れるコーディネートに早変わり♡

甘くなりそうなアイテムですが、意外と甘くなりすぎずにデイリーコーデにも取りれやすいのが魅力なんです◎

カジュアルなデニムでのコーディネートなどにもぴったりなので、様々なスタイリングで活躍してくれそうですよね!

コーディネート:nostalgia(ノスタルジア)

たまにはガーリーなピンクをコーデに取り入れて♪

ピンクコートは、甘くなりすぎてしまいそうですが、実は着こなし方次第で様々なスタイリングに取り入れることができるんです!

いつものカジュアルなコーデに合わせただけなのに、マンネリとしがちなデイリーコーデもキュートさ溢れるコーデになっていましたよね♪

また、定番のブラックのコートなどに飽きてきたときの二着めとしワードローブに一枚あると、スタイリングの幅が広がりますよ◎

意外と普段使いがしやすく、コーディネートを盛り上げてくれるアイテムなので、是非今年の冬はキュートさ溢れるコーデにトライしてみてくださいね♡

定番「ブラックコート」をマンネリさせないコーディネート◎

ふわふわとしたファーや人気のチェスターコートなど、今年も様々なデザインのコートがトレンドですが、その中でも100%外さないカラーといえばブラックですよね!

合わせるものを選ばず、ベーシックなからトレンドなコーデまで対応してくれるので、着回し力でブラックコートを選ぶ人も多いのではないでしょうか?

今回はそんな定番の「ブラックコート」をマンネリさせないコーディネートをご紹介します♡

重たくなりすぎないように意識してコーデをしてあげると、マンネリとせずに着こなせますよ♪

まずはベーシックにモノトーンでまとめる◎

コーディネート:titivate(ティティベイト)

万能なブラックのコートですが、まずはモノトーンでまとめてシックな雰囲気の着こなしをしてあげましょう♡

光沢感のあるベロア素材のスカートなどでアクセントをつけてあげれば、ブラックコートを合わせても重たくなりません◎

襟元のすっきりとしたノーカラーコートなので、余計なもののないよりすっきりとしたコーデに仕上がります。

トレンド柄をぐっとトーンダウンさせる♪

コーディネート:titivate(ティティベイト)

今年のトレンド柄であるチェック柄のスカートに合わせてブラックコートを着こなしてあげれば、程よくトーンダウンしてくれるのでトレンドが悪目立ちしないんです♪

ブラックで落ち着かせているので、フェミニンなタイトスカートもよりキュッと引き締まって見えてくれます◎

重たくなりすぎてしまうので、ファーのバッグなどで可愛らしくアクセントをプラスしてあげるのがオススメのコーデ方法ですよ!

ダッフルコートはとことんカジュアルに♪

コーディネート:titivate(ティティベイト)

ダッフルコートはデニムを合わせてとことんカジュアルにコーデをしてあげると、その魅力が引き立つんです◎

どこか可愛らしさのあるダッフルコートは、デニムを合わせてあげることでガーリーになりすぎずにオトナっぽく着こなせます。

ロング丈のコートなので、バッグやハイネックのニットなどで明るい雰囲気に仕上げてあげるのがポイントですよ◎

グレーのワントーンを引き締める☆

コーディネート:fifth(フィフス)

グレーのワントーンでまとめたコーディネートにブラックコートを合わせることで、ぐっと引き締まった印象に仕上がります◎

ロング丈のブラックコートは重たくのっぺりとしてしまいがちなので、トップスもボトムスもブラックと差のつく色味を合わせてあげましょう。

ベーシックなロングコートなら、ワンピースなどにも合わせることができるのでとってもオススメですよ!

すっきり着こなせばいいオンナっぽい♡

コーディネート:fifth(フィフス)

ちょっぴり重たくなてしまうブラックコートだからこそ、すっきりとしたスキニーなどと合わせてあげることでいいオンナな雰囲気に仕上がるんです♡

ブラックが重たくならないように、インナーのニットとデニムは明るめのカラーを取り入れてあげるのがポイント♪

デニムでカジュアルダウンをしているのでかっちりとしすぎずに着こなせるのが嬉しいですよね!

かっこよく着こなせちゃうブルゾンはスカートルックで♪

コーディネート:fifth(フィフス)

かっこいい印象を与えてくれるブルゾンは、ブラックのアイテムでよりハンサムなコーデに仕上がってくれるアイテム♡

だからこそ、ふんわりと広がったフレアなスカートと合わせてコーデをしてあげることで、フェミニンとハンサムのギャップが生まれます◎

思わずデニムなどを合わせてしまいそうなアイテムですが、あえてワンピースなどに合わせてあげるのがオススメですよ!

トレンドカラーを包み込む◎

コーディネート:NOSTALGIA(ノスタルジア)

今年のトレンドであるレッドはちょっぴり取り入れにくく、コーデの仕方に悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

そんな時こそブラックコートで包み込むように着こなしてあげることで、トレンドカラーも取り入れやすくなるんです♪

今年はパッと目の引くカラーのコートが多く着こなしに悩んでしまいそうですが、ブラックコートでトーンダウンさせてあげるのがオススメの着こなし方ですよ!

ふわふわのファーコートで重たくならない◎

コーディネート:NOSTALGIA(ノスタルジア)

ブラックコートはコーデがしやすいのがポイントではありますが、ちょっぴり重たく見えてしまうのが難点…

でも、ふわふわとしたファーコートなら今年らしい表情に仕上げながらもどこか軽さのあるコーデに仕上がってくれます♡

モノトーンでコーデをまとめながらも、ドット柄のワイドパンツがおしゃれな印象に仕上がってくれますよ!

ちょっぴり変化球で周りと差をつける!

コーディネート:NOSTALGIA(ノスタルジア)

ボアのついたライダースなら、周りとかぶることのない変化球コーデに仕上がってくれます◎

シンプルにブラックデニムとボーダートップスを合わせただけのコーディネートでも、ボアのアクセントが可愛らしくより引き立ってくれますよ♡

ピリッと辛さがあるのにボアがほっこり暖かな雰囲気のコーデに仕上がるので、様々なスタイリングに合わせることができそうなアイテムです♪

マンネリしないから毎日でも着れちゃう♪

コートに限らず定番のカラーでもあるブラックは、スタイリングの雰囲気を左右するコートだからこそ、安定したブラックがいいですよね♪

コーディネートが重たくなってしまいがちですが、デニムと合わせてカジュアルダウンしたり、トップスの色味でアクセントを加えてあげましょう♡

また、コートの種類次第でもコーデの雰囲気が変わってくるのでトレンドのコートなどは、シンプルにコーデをしてもおしゃれ見えしてくれますよ♪

定番のカラーだからこそ、マンネリとしない着こなしをして「ブラックコート」をフル活用してあげましょう!

定番カラー徹底解剖!デザイン別「キャメルコート」のコーディネートまとめ◎

コートの定番カラーでもあるキャメルはコーディネートがしやすく、様々なコーディネートで活躍してくれる優秀カラー◎

ベーシックなものでもあるので、コーデがしやすくてもちょっぴりマンネリとしてしまいがちですよね。

そこで今回は、優秀なキャメルのコートをコーデに取り入れたコーディネートを、デザイン別でご紹介します♪

ワンパターンになりやすいアイテムでもあるので、様々なスタイリングに合わせたコーディネートを参考にしてみてくださいね!

みんな大好き「チェスターコート」

The ベーシックはスカートで遊ぶ♡

コーディネート:fifth(フィフス)

ベーシックなシルエットのチェスターコートは、キャメルの合わせやすさが活かされるのでスカートなどで遊びを入れながら着こなしてあげましょう♡

総レースがエレガントな雰囲気を叶えるスカートをコーデの主役にすることで、シンプルながらもおしゃれな引用に◎

モノトーンでまとめたコーディネートにキャメルを合わせてあげることで、すっきりとまとまったコーデになりますよ!

ちょっぴり長めならオトナっぽい雰囲気に◎

コーディネート:fifth(フィフス)

こちらのチェスターコートは、先ほどご紹介したコーディネートのチェスターコートよりもほんの少し長めの丈なので、どこかオトナっぽい雰囲気に仕上がっていますよね!

リブ編みのタイトスカートなどと合わせてあげることで、よりすっきりとしたシルエットのコーディネートに♡

色味もブラックなどをメインとするのではなく、ブラウンやホワイトといった尖の少ない色味と合わせてコーデをするのがポイントですよ◎

オーバーサイズ感でちょっぴり華奢見えも◎

コーディネート:Re:EDIT(リエディ)

オーバーサイズのコートなら、華奢見えしながらコーデをすることができるので冬らしいほっこりとした雰囲気に大変身♪

足元のブーツもコートのキャメルに合わせたカラーでコーデをしてあげると、長めのコートでも野暮ったくならないんです◎

また、長めの丈は重たくなりやすいのでトップスにはホワイトのニットなどを合わせてあげましょう!

すっきり見せる「ノーカラーコート」

ワンピースに合わせてフェミニンさを引き立てる♡

コーディネート:Re:EDIT(リエディ)

さっと着こなせちゃうワンピースに合わせるなら、断然ノーカラーコートがオススメなんです♪

胸元の襟がないデザインなので、キャメルのコートがすっきりとしてみてくれてフェミニンコーデにぴったり!

また、ノーカラーコートはさっと羽織りやすいデザインなので、使い勝手のいいキャメルとの相性がいいんです◎

ファーを取り入れればシンプルになりすぎない!

コーディネート:Re:EDIT(リエディ)

キャメルのコートにファーがほどこされているものなら、これだけでおしゃれ見えしてくれるのでシンプルになりすぎないんです♡

袖とポケット部分にファーがついているデザインなので、ノーカラーコートのすっきりとしたデザインとの相性抜群♪

シンプルにデニムとニットだけでコーディネートをして、コートを主役にスタイリングをしてあげましょう◎

袖コンシャスでぐっと今年らしく魅せる☆

コーディネート:titivate(ティティベイト)

ただのノーカラーコートではつまらない!という人は、今年らしさのある袖コンシャスのアイテムでキャメルのコートをコーデにプラスしてみましょう◎

ふんわりと広がったボリュームスリーブが、今までのコートには出せないこなれ感を演出してくれるんです♡

シンプルなコーディネートに合わせてもスタイリングしやすいキャメルだからこそ、袖コンシャスコートも挑戦しやすいのではないでしょうか♪

ハンサムな表情のコーデにもぴったりなの◎

コーディネート:titivate(ティティベイト)

今年らしさのあるハンサムなコーディネートにキャメルのコートを合わせるなら、ノーカラーコートのすっきりさを活かせるチャンス☆

ブラックやチェック柄のコートではハンサムになりすぎてしまいますが、キャメルのコートなら程よいこなれ感のあるコーディネートに◎

他にも、ハンサムなグレンチェックのパンツなどと合わせてコーディネートをしてあげるのもオススメですよ!

じわじわ人気の「ムートンコート」

さりげなく見せるファーがほっこり感満載♪

コーディネート:fifth(フィフス)

今年おしゃれさんの間でじわじわと人気の出ているムートンコートは、裏側のファーがチラリと見えてくれてとってもおしゃれなアイテムなんです♡

こなれ感のあるキャメルのアイテムなので、カジュアルコーデからスカートを合わせたフェミニンなスタイリングにもぴったりですよね♪

ちょっぴり地味かな?と思うコーデにプラスしてあげることで、程よいバランスのあるコーディネートが完成しますよ!

こっくりカラーのワンピースとの相性抜群!

コーディネート:titivate(ティティベイト)

こっくりとした色味が冬らしさのあるビンテージフラワーのワンピースにも、キャメルのムートンコートが大活躍すること間違いなし◎

このコートは少しブラウンに近いキャメルなので、こっくりカラーのワンピースをトーンダウンさせながら着こなせていますよね!

キャメルの色味次第でもコーデの雰囲気が変わってくるので、コートの種類と合わせて色味もチェックしてあげましょう♪

定番カラーだからこそこだわってコーデをする◎

定番カラーでもあるキャメルのアイテムは、デザイン問わずに様々なコーデで活躍してくれそうですよね♪

人気のチェスターコートはもちろんのこと、すっきりとしたノーカラーコートなら野暮ったくならずにバランスのいいコーデに仕上がります◎

また、今年じわじわと人気の出てきているムートンコートなどをチョイスしてあげればいつもとは違ったキャメルの着こなしになりますよ!

コーディネートがしやすい定番のカラーだからこそ、様々なデザインのコートでコーディネートを楽しんでみてくださいね♪

次はナチュラルな『キルティングコート』です♪

次のページへ >

ファッションブランドを探してみる

探したいジャンルやテイスト、自分に合った世代、価格などでブランドを探すことができます。

 

価格帯で探す!

プチプラファッション通販

プチプラファッション通販

安くて可愛いお洋服を取り扱っているおすすめレディースファッション通販サイトを探す方はこちら!

ファッションブランド

ファッションブランド

ネット・実店舗でオリジナル商品を展開しているおすすめのファッションブランドを探す方はこちら!

 

-コーディネート